931円 マグネット式のユニークで安全なロックです。 【スガツネ】 TOT ロック(ロック本体) TL-1020型 【TL-10202R】 【ホワイト】 【かぶせ扉用】 花・ガーデン・DIY DIY・工具 ネジ・釘・金属素材 その他 mype.social,931円,/Aeolic1926381.html,TOT,【ホワイト】,【TL-10202R】,TL-1020型,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , ネジ・釘・金属素材 , その他,マグネット式のユニークで安全なロックです。,【スガツネ】,【かぶせ扉用】,ロック(ロック本体) 931円 マグネット式のユニークで安全なロックです。 【スガツネ】 TOT ロック(ロック本体) TL-1020型 【TL-10202R】 【ホワイト】 【かぶせ扉用】 花・ガーデン・DIY DIY・工具 ネジ・釘・金属素材 その他 マグネット式のユニークで安全なロックです スガツネ TOT おすすめ ロック ロック本体 TL-10202R TL-1020型 かぶせ扉用 ホワイト マグネット式のユニークで安全なロックです スガツネ TOT おすすめ ロック ロック本体 TL-10202R TL-1020型 かぶせ扉用 ホワイト mype.social,931円,/Aeolic1926381.html,TOT,【ホワイト】,【TL-10202R】,TL-1020型,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , ネジ・釘・金属素材 , その他,マグネット式のユニークで安全なロックです。,【スガツネ】,【かぶせ扉用】,ロック(ロック本体)

マグネット式のユニークで安全なロックです スガツネ TOT おすすめ 未使用 ロック ロック本体 TL-10202R TL-1020型 かぶせ扉用 ホワイト

マグネット式のユニークで安全なロックです。 【スガツネ】 TOT ロック(ロック本体) TL-1020型 【TL-10202R】 【ホワイト】 【かぶせ扉用】

931円

マグネット式のユニークで安全なロックです。 【スガツネ】 TOT ロック(ロック本体) TL-1020型 【TL-10202R】 【ホワイト】 【かぶせ扉用】








■特長
・戸棚や引出し内の品物に、お子様などが触れて事故を起こさないようにする、マグネット式のユニークで安全なロックです。(マグネットキーは、お子様の目に触れないようにしてください。)簡易ロックとしてもご利用いただけます。
・扉はマグネットキーがないと開けず、閉じた際はつまみのないフラットな状態となります。ロック本体の位置は外からまったく見えません。
・特殊磁石を採用しているため、他の一般の磁石では開きにくくなっています。
・板厚13mm~28mmの木材、アクリル樹脂、金属(磁性のないもの)、パーチクルボードに対して取り付けできます。
・取り付けテンプレートガイド付なので、戸棚、引出、扉への取り付けが簡単です。
・解錠機構バー(赤色)付です。
■用途
・医薬品戸棚、刃物用引出し、酒ビン戸棚、道具戸棚など
■材料
・マグネットキー/プラスチック+マグネット
・ロック本体/プラスチック
■注意
・マグネットキーは強力磁石が内蔵されているため、磁気カードや電子機器類などを近づけないでください。また、ロック部も電源やワイヤーメッシュカゴなどの金属製品に触れることのないように取り付けてください。
・扉が反ったり、収納品が扉の内面に倒れかかったりすると、解錠できなくなる場合があります。その際は、扉のラッチ部付近を外側(前面)より強く押さえながらマグネットキーを操作して解錠してください。
・キーは1種類です。
・マグネットキーとロック本体は別品番です。合わせてご注文ください。

注意書き
■解錠機構をご希望の場合は
解錠機構バー(赤色)をUNLOCK(アンロック)の文字が上に来るように取り付けてください。マグネットキーでロックを解錠して、解錠機構バーをキャビネット内側に動かすと、解錠したままにしておくことができます。
(再びバーを押し下げれば、ロックが再作動するようになります。)※輸入品のため、製品改良などにより予告なく寸法や材料の仕様変更を行う場合があります。念のため、現品にてご確認ください。

マグネット式のユニークで安全なロックです。 【スガツネ】 TOT ロック(ロック本体) TL-1020型 【TL-10202R】 【ホワイト】 【かぶせ扉用】

グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



重要なお知らせ

NEWS

新着情報

入試情報

学部・学科紹介

  • 人間生活学部

    メニュー

  • 教育人文学部

    メニュー

  • 社会情報デザイン学部

    メニュー

  • 人間生活学部

    メニュー

  • 教育人文学部

    メニュー

  • 社会情報デザイン学部

    メニュー

SNS